外壁の重要性

コールセンターで働く社員たち

住まいの一番外側にあって家を守っているものは何か、と問われたら多くの人が外壁と答えることが予想されますが、これは不正解ではありませんが完全な答えではありません。正確には外壁のさらに外側にある塗装膜です。 コンクリート打ち放しなどの特殊な工法を除けば、ほとんどの家は外壁に塗装が施されています。外壁塗装は家の外観を美しく保つのに重要な役割を果たしていますが、同時に外壁の傷みを防ぐ機能も有しています。そのため、経年劣化等によって塗装が剥げてきた場合は、すみやかに補修を行う必要があります。 外壁塗装の塗り直しを手がける業者には塗装専門業者のほか総合リフォーム業者、一般的な工務店などがあります。どれを選ぶかは人それぞれですが、塗装部分はもちろん、その下の外壁材の傷み具体をも総合的に診断できる業者が信頼できます。

住まいは外壁材によって雨や風、太陽光線、暑さ寒さから守られています。ただしモルタルやサイディングボードといった外壁材自体も水や熱などにはそれほど強いわけではありません。そのため、外壁塗装によって保護してあげる必要があるのです。塗装膜が劣化したまま放置しておくと、外壁材の寿命を縮めることになってしまいます。 そのため、外壁塗装リフォームを行う際は、単なる塗り直しだけでなく外壁の傷みチェックと必要に応じた補修工事が欠かせないものとなります。この下地処理をきちんとやってくれる業者が優良な施工業者であることの目安になります。通常、外壁塗装の寿命は10年程度と言われていますが、環境次第では5年程度で劣化が始まるケースもあります。信頼できる業者による診断を受けることがリフォームの第一歩となります。